FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

澱の中の二人 1-9

 気丈な伊織をもってしても、女芯への責めだけは我慢のしようがないらしい。
 女性の体で最も敏感な場所には、男性の亀頭に匹敵するほどの神経が密集しているという。そこを触られるのだから、誰であれ平静を失って当然であろう。

 彼女とて例外ではない。
 指先でコリコリと弾いてやるだけで、伊織はこれまでの辛抱ぶりが嘘のように、惨めな声を上げ悶絶していた。

「やああっ、んぐぅっ、あふっ……やっ、あっ、くぁっ……くぅぅっ!」

 ガクガクと膝が痙攣し、伊織の体がだんだんとずり落ちてくる。
 壁にギュッと腕を押し当てることで、辛うじて尻餅をつかずに済んでいるが、その代わり、見てくれは最悪だった。スカートを捲り上げられ、丸出しの尻を突き出すような格好で、恥ずかしい場所をいいように嬲られているのである。我に返ったなら、顔を真っ赤に染め上げること間違いない。
 しかし、恥辱を顧みる余裕さえ、俺は一切与えないつもりだった。

「あうっ、んぐぁっ……ひぁっ、ああっ、いっ、ひぐっ、やあぁぁっ……!」

 小刻みにこぼれる甘酸っぱい嬌声。淫靡に震える太腿は次第に強ばり、足の先がピンと張り詰めてくるのが見える。
 こうして適当に弄り続けた後、気を遣る頃合いと見るや、俺はするりと蕾から指を引く。

「ひっ……ふぇっ、あっ……」
「随分と辛そうだな」

 白々しく言いながら、俺は再び蕩けた女唇を撫で回す。とめどなく湧き出づる快楽の泉に浸され続けたせいで、俺の指はすっかりふやけてしまっていた。

 襞の入り口に指を引っ掛け、二、三回、中身を掻き出すようにしてやると、真っ白に濃縮された愛液が次々と溢れてくる。粘度が高すぎるせいか下に垂れ落ちることもなく、べっとりと陰唇の回りにへばりつき、破廉恥極まる醜態を晒しているのだった。

「はぁっ、はぁっ、はぁっ……く、ふぅ……」
「さて、その生意気な態度、いつまで持つかな?」

 俺はいつにも増して、苛烈に伊織を責め立てた。
 雌臭い穴蔵に二本の指を突き立て、肉襞を激しく掻き回す。
 ぷっくりと充血したクリトリスを摘み上げ、指を擦り合わせるように揉みしだく。
 昇り詰める寸前で指を止め、波が鎮まるのを見計らっては責めを再開し、繰り返し繰り返し、ただひたすらに追い詰めていくのだ。

 伊織はなおも悲愴な抵抗を続けるが、哀しいかな、状況は悪化の一途を辿っている。
 指を挿し込めばいっそう強まる襞の締め付け、高らかに響く卑猥な水音、崩れゆく腰の淫靡なうねり。何のために意地を張っているのかさえ分からなくなっているのだろう、そう思えるほど、伊織の痴態はあまりにも悲惨で、無様なものであった。

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

狂緑

Author:狂緑
少しずつ改良中。


ご意見、感想、お問い合わせ等ありましたら、コメント欄またはメールフォームよりご連絡ください。

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。